マエノ薬局ホーム

  •  
  •  
左パンダの缶詰左

ジェネリックって何だろ?

医療機関で処方されるお薬には2種類あります。
1つは製薬メーカーが新しい有効成分を見つけて薬にした「先発医薬品」
もう1つはこの先発品の特許が切れて、他の製薬メーカーが同じ有効成分で作ったお薬を
『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』と呼ばれています。
『ジェネリック医薬品』は「先発医薬品」と同じ有効成分、同じ量を含んでいます。
そのため、「先発品」と同じ効き目、安全性でお使いいただくことができるお薬です。
「先発品」と違う点は添加剤。これは薬の色や形、味や香りなどに使われるもので、
薬の効果に差はありません。
また、『ジェネリック医薬品』は「先発医薬品」よりも低価格なお薬です。
『ジェネリック医薬品』は「先発医薬品」のような開発費がかかっておらず、
その分低価格にお薬を提供することができます。
全ての『ジェネリック医薬品』が安いわけではなく、お薬の種類によってどれくらい安く
なるかは変わりますが、『ジェネリック医薬品』を使う事で医療費の負担を軽くする事が
できるかもしれません。