マエノ薬局ホーム

  •  
  •  
左パンダの缶詰左

食中毒について

じめじめと暑い日が増えてきましたね…。
そんな時期に気をつけたいのが食中毒です!
特にこの時期は細菌による食中毒が多発しています。細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖を始め、体温ぐらいの温度で増殖が最も活発になります。
また、細菌の多くは湿気を好むため、気温が高く、湿度も高くなる梅雨時には、細菌による食中毒に注意が必要なのです。
食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生します。
食中毒を防ぐためには、3つの原則があります。

●食中毒対策の3つの原則  つけない!増やさない!やっつける! 
細菌の食中毒の場合には、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが原則となります。

・つけない=洗う!分ける!
手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないよう、こまめに手洗いを行いましょう。
まな板などの器具は、肉用と野菜用で分けたり、生野菜などに菌が付着しないよう、使用の都度洗いましょう。
生で食べるものを先に取り扱うのも1つの方法です。

・増やさない=低温で保存する!
 食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。
肉や魚などの生鮮食品やお総菜などは、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫内でも、細菌はゆっくりと増殖するので、冷蔵庫に入れたとしても早めに食べることが大切です。

・やっつける=加熱処理!
 ほとんどの細菌は加熱によって死滅するので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べると安心です。
特に肉料理は中心までよく加熱することが大切です。中心部を75℃で1分間以上加熱することが目安となります。
カレーやシチューなど次の日へ持ち越す場合も十分に加熱しましょう!
ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌が付着します。
特に、肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗い、熱湯をかけ殺菌・消毒しましょう。

他のポイントとしては“新鮮なもの”を“素早く”“きれいな状態”で!という3点も挙げられます。
日頃からこれらを意識し、食中毒を寄せ付けないよう取り組みましょう!

              ↓ クリックで画像を大きくしてご覧下さい。 ↓


◎今月のおすすめ商品
坂元のくろず 1000ml 2,400円+税
鹿児島県福山町で江戸時代から続く伝統的製法で造られている本場・本物のくろず。
アミノ酸約20種とクエン酸やリンゴ酸などの有機酸約16種を含みます。
まろやかでコクのある風味で、長期間の熟成によりさらに味わい深いものとなっています。

◎今月のレシピ
豚肉とナスの黒酢オイスターソース炒め

*お酢の量はお好みで調整してください 
*カロリー:200kcal/人 塩分:0.3g/人
<作り方>
① 材料を一口大に切り、ナスは水にさらす。
② 調味料は混ぜ合わせておく。
③ フライパンに油を熱し、生姜・豚肉を炒める。
  火が通ったら、水気を切ったナスを加えしんなりするまで炒める。
④ ②を加え、全体を混ぜ合わせ完成!