マエノ薬局ホーム

  •  
  •  
左パンダの缶詰左

夏冷えについて

梅雨が明け、日差しも強く、蒸し暑い日々が続いていますね。
そんな中、暑くて冷たいものばかり飲んでしまったり、冷房で体を冷やし過ぎていませんか?
そのような習慣を続けていると、体温が低下し、血行不良を招き、夏冷えの原因に繋がってしまいます。
また、体を冷やすことで、夏バテや熱中症にもなりやすくなります。
上手に体温調節をして、この夏を元気に乗り切りましょう!!


~夏冷えによる体の不調~

夏は暑さを和らげるために、基礎代謝量を落として、熱の発生を抑えようと体が働きます。
いわゆる夏仕様の体になっています。
その上、体を冷やすと、血行が悪くなり、内臓機能が低下し、自律神経が乱れてしまいます。
これらは、むくみ、肌荒れ、便秘、下痢、月経痛、不眠や食欲不振等の原因になります。
特に冷え症の人は、夏こそ体を温めることが大切です!


~夏冷え知らず!温活習慣!!~

①お腹を温める
お腹を温めることで内臓も温まり、血の巡りを良くしてくれます。
冷えやすい人は腹巻をしたり、靴下を履いたりして、お腹や足首を温めましょう。

②ストレッチ
長時間同じ姿勢でいると血行が悪くなってしまいます。
家事をしながらつま先立ちをしたり、入浴後にストレッチやマッサージをするのもおすすめです。
また、筋肉の多い下半身を動かすことで冷えの緩和に繋がります。

③ゆっくり湯船につかる
暑くて夏はシャワーだけという方も多いのではないでしょうか?
毎日は難しくても、週に何度か湯船につかるようにしましょう。
38~41℃のぬるめのお湯に15~20分程浸かる半身浴がお勧めです。

④食事でポカポカ
夏野菜は体を冷やすと言われますが、塩を加えたり、加熱調理をすることで冷えの緩和に繋がります。
また、肉、魚や生姜などの体を温める食材と上手に組み合わせて、体を温めましょう。


◎今月のおすすめ商品

 温和茶 2g×30包入 1,800円+税
脂肪の燃焼を助けてくれるプーアル、ストレスを和らげてくれるフェンネル、
その他、しょうが、ナツメ、紅花、シナモンをおいしくブレンド。
ほんのり甘く、スパイスの効いた温和茶は香りもよく、ほっと疲れを癒してくれます。
家事や仕事の合間など一息つきたいときに。
ホットはもちろん、アイスでもおいしくお飲みいただけます。


◎今月のレシピ

豚肉の香味野菜巻き

☆材料(約2人分)

・豚肩ロース肉:120(4枚)
・みょうが:2個
・ポン酢:大さじ2
・大根おろし:大さじ2

・エネルギー:261kcal・たんぱく質:19.0g・脂質13.0g
・炭水化物:13.9g・食物繊維:1.4g・食塩:1.7g

<作り方>
①大葉、みょうがは細切りにし、水気を切る。
②豚肉はお湯で湯がいた後、氷水に入れる。
③②の水気を切り、肉の上に大葉とみょうがをのせて巻く。
④大根おろしとポン酢をかける。

豚肉に含まれるビタミンB1で疲労回復に!
また大葉、みょうが、しょうがなどの香味野菜は胃液の分泌を促し、食欲を高めてくれます。
他にも、風味の引き立て、におい消し、抗菌作用、減塩作用などがあります。