マエノ薬局ホーム

  •  
  •  
左パンダの缶詰左

コレステロールの話

本格的に寒くなってきました。
朝布団からなかなか出られないという方も多いのではないでしょうか。
食生活が乱れがちな年末年始。
身体の事を考えながら過ごしたいですね。

今日から取り組もう!コレステロールのお話

~次の検診までにやれること~
身体に悪いイメージのあるコレステロールですが、実は私たちの体にとってとても大切な物質で、細胞膜やホルモンなどの材料になります。
コレステロールには2種類あり、肝臓から全身の細胞にコレステロールを運ぶ配達係であるLDLコレステロール。
そして逆に全身から余ったコレステロールを集めて肝臓に戻す回収係であるHDLコレステロールです。
現代人はLDLコレステロールが過剰になりがちです。
LDLコレステロールは血液中に増え過ぎることで血管にたまって動脈硬化を引き起こしてしまいます。
病気を予防するためにも、日頃からLDLコレステロールが高くなり過ぎないための生活が大切です。

コレステロール基準値(空腹時採血)
LDLコレステロール140 mg/dL以上
HDLコレステロール40 mg/dL未満
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版より
LH比・・・2以下
LH比とは「LDLコレステロール」÷「HDLコレステロール」
で求められます。

LDLコレステロールを正常にする食事3つのポイント

・余分な油脂をとらない 
揚げ物を食べる回数を減らしましょう。
またバターやクリームを多く使うお菓子やショートニングなどの加工油脂を使った食品を控えるよう心がけ、肉は脂身の少ない部位を選ぶと良いです。大豆、大豆製品を取り入れましょう。

・食物繊維をたっぷりとる 
野菜や海草、きのこの量を増やしましょう。
主食は精製度の低い穀類をびましょう。
ご飯なら玄米、胚芽米。
パンなら全粒粉や胚芽パンがおすすめです。

・抗酸化ビタミン・魚をたっぷり摂る
緑黄色野菜・青魚を積極的に取り入れましょう。

ウォーキングなど有酸素運動も効果的です。
運動によって中性脂肪が減るとLDLコレステロールも減らすことができます。
無理をせず楽しみながら行いましょう。

[今月のおすすめ商品]
(株)北海道カワゾエカンパニー 
アクルエッセンス 50ml 8000円(税抜)
保湿力が高く、乾燥する冬にピッタリの化粧水です。
アルコールフリーなので脂性肌、肌の弱い方も安心して
ご使用いただけます。
ポリアクリル酸Na含有で、洗顔で落ち切らなかった汚れを浮かし、それを肌に戻さない性質があります。

[今月のレシピ]
ブリと野菜の酢豚風

材料(2人分)
・ブリ・・・2切れ
・しょうゆ・・・小さじ1/2
・こしょう・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1と1/2
・玉ねぎ・・・1/2個
・ピーマン・・・1個
-A-
・トマトケチャップ・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1
・砂糖・・・小さじ1
・酢・・・小さじ1
-ここまでA-
・サラダ油・・・小さじ2
・ごま油・・・小さじ1/4

(作り方)
①ブリは一口大に切り、しょうゆとこしょうをふる。
②玉ねぎはくし切り、ピーマンは乱切りにする。
③ブリに片栗粉をまぶし、熱したフライパンにサラダ油をひいて焼き色をつけて取り出す。
④同じフライパンで玉ねぎをさっと炒めAを加える。煮立ったら焼いたブリとピーマンを加える。
⑤全体の火が通りとろみがついたら、ごま油を加えて完成!