マエノ薬局ホーム

  •  
  •  
左パンダの缶詰左

お正月ってどうして太るの?

毎日本当に寒い日が続いていますね。
年末年始、皆様はどう過ごされましたか?
お正月は美味しいものを食べて、家の中でごろごろして過ごしたという方も多いと思います!
ついつい食べ過ぎてしまって体重が増えてしまうことありますよね。
今年も一年健康に過ごしていけるよう、早めに生活習慣の見直しを行いましょう!

1、お正月はなぜ太ってしまうの??

(1)ご馳走を食べる機会が増える
   お正月はおせちやお雑煮など美味しいものがたくさんあります。
   また、お酒を飲む機会も増え、楽しくてついつい飲みすぎてしまうことも。
(2)体を動かす機会が減る
   寒くて家の中で過ごすことが増え、仕事も休みで、運動量が格段に少なくなってしまうお正月。
   もちろん、消費カロリーも減ってしまいます。
(3)生活リズムが乱れる
   楽しくてつい夜遅くまで飲んだり、食べたり、眠くて次の日はお昼まで寝て…の繰り返しでは
   生活リズムが乱れてしまいます。
   また、夕食の時間が遅ければ遅いほど体脂肪に変わりやすくなります。

2、冬はダイエットに最適な季節!?

   気温が低くなると体温保持のため体の熱産生が高まり、
   基礎代謝がアップすることがよく知られています。
   実は基礎代謝がエネルギー消費量の60%以上を占めているともいわれています。
   夏よりも基礎代謝が高い冬のほうがエネルギーを楽に消費できるため、
   ダイエットにおススメの季節なのです。

3、お正月太りをリセットしよう!

①1日3食きちんと食べる
  食べた分をリセットするためいきなり食事を抜いてしまうのは、ストレスが溜まってしまい逆効果。
  まずは、食生活のリズムを整えましょう!
  気を付けるのは食事の内容です。
  油分や糖分が多いものはひとまずやめて、たんぱく質は肉類より魚介類や豆類から
  積極的にとりましょう。
  炭水化物も少し控え、野菜やきのこ、海藻類をたっぷりとってビタミン、ミネラルを補給します。
  水分も水やお茶でしっかり補給してください。
  水分をしっかり摂ることで体内のデットクス効果も期待できます!
②ゆっくり食べて、素早く動く!
  食事をよく噛んでゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを予防できます。
  また、よく噛むことで、消化が促され胃への負担も軽減されます。
  年末年始の食べすぎでヘトヘトの胃を労ってあげましょう。
  そして、食事と同じくらい大切なのが運動です。
  年始の仕事が始まり、あまり運動の時間が確保できない方はいつもより早歩きで歩いてみる、
  エスカレーターではなく階段を使ってみる等出来ることから始めてみましょう!
  時間のとれる方は、ウォーキングやジムでの運動を取り入れましょう。
③夜更かしをやめる
  睡眠が足りないことで食べたいという欲求が高まる食欲亢進ホルモンの「グレリン」が増加し、
  食欲抑制ホルモンの「レプチン」が減少します。つまり睡眠不足の方は、
  暴飲暴食につながりやすいのです。
  睡眠不足が続くと疲労が溜まり、日中の活動量が減るのでこれもまた太りやすくなります。
  また、夜遅くまで起きているとついつい何か食べたくなってしまいますよね。
  早めに夕食を済ませ、12時前には寝るようにしましょう!

《今月のおすすめ商品》

日邦薬品工業株式会社
新コンチーム錠  108錠   950円(税抜)
善玉菌の代表である「ビフィズス菌」にビフィズス菌の働きを助ける「納豆菌」を配合しました。
さらに乳酸菌末を加えた3種の整腸生菌で腸内環境をやさしく整えます。
消化不良や食べ過ぎによる胃のもたれ、便秘にも!
お腹の中から健康になりましょう。

《今月のレシピ》

たっぷり野菜ともち麦の食べるスープ (2人分)
・もち麦     :20g
・白菜      :150g
・人参      :50g
・大根      :100g
・ぶなしめじ   :50g
・水煮大豆    :50g
・塩       :1g
・コンソメ顆粒  :5g
・無調整豆乳   :150cc
・水       :500cc
・しょうがパウダー:少々
・こしょう    :お好みで

~作り方~
① 人参と大根はいちょう切りにする。
② 鍋にもち麦、コンソメ顆粒、水、大根、人参を入れ火にかける。
③ 沸騰したら中火にし、10分煮る。
④ 白菜を一口大に切り、ぶなしめじは石づきをとりほぐしておく。
⑤ ③の鍋に白菜、ぶなしめじ、水煮大豆を入れさらに10分煮る。
⑥ 一度火を止め、無調整豆乳、塩、しょうがパウダー、こしょうを入れひと煮立ちさせたら完成!


一人分の栄養量
エネルギー:143kcal  塩分:1.8g  たんぱく質:8.9g  脂質;3.8g  炭水化物:20.6g  食物繊維:6.2g

もち麦に含まれる水溶性食物繊維の「βグルカン」には、糖や脂肪を吸着してカラダの外に
排泄する作用があります。そのため、過剰な糖や脂肪の吸収を防いで太りにくい体つくりを
サポートしてくれます!また、大根に含まれるジアスターゼ(デンプン消化酵素)が消化を助け、
お正月で疲れた胃腸を労ってくれます。
低カロリーでお腹がいっぱいになるおすすめメニューです★